ガラケー回線を10分以内に現金化する唯一の方法とは

本日はガラケー回線の現金化方法を解説していきたいと思います。

ガラケーを現金化するために必要なもの

現在、ガラケー回線を直接現金化する方法は、一つしかありません。

それはガラケー回線とは別に、WIFI(無線LAN)環境に接続可能なスマートフォン、タブレット、パソコンをお持ちあることです。

現在、ガラケーの機種に対応しているサイトがモバオクを除き、ただの一つも存在していません

ガラケー機種単体では現金化ができない理由

なぜ存在していないかといいますと、ガラケーの機種で閲覧できるサイトの表示形式とスマートフォン、タブレット、パソコンなどで閲覧できるサイトの表示形式が異なるからです。

ガラケー機種で閲覧できるサイトは、ドコモ、au、ソフトバンクが自社で販売するガラケー(ケータイ)にのみ対応できる専用サイトでした。

具体的には、ドコモ、au、ソフトバンクでガラケー機種を購入しますと、iモード、EZWEB、J-スカイといったそれぞれの専用インターネット接続サービスを利用できました。

スマートフォンやタブレットが普及するまで、ガラケー機種を利用していた人たちは、パソコンで閲覧できるインターネットの世界とは別の世界のインターネットを利用していたことに相当します。

カンタンにまとめますと、ガラケー機種で閲覧できたインターネットは日本専用規格のローカルインターネット

現在、スマートフォンやタブレットで利用できているインターネットは、全世界共通規格のグローバルインターネットというわけです。

  • 日本専用規格のローカルインターネット
  • 全世界共通規格のグローバルインターネット

それでは、この二つのインターネットの閲覧、接続方式は何が違うのでしょうか。

それは、日本専用規格のローカルインターネットが日本のガラケー機種専用のサービスに特化していることにあります。

日本独自のサービスに特化しすぎてしまったために、日本以外で通用しないモバイル機種が出来上がってしまいました。

これが2011年以前に普及していた折りたたみ式のケータイ電話がガラケー(ガラパゴスケータイ)といわれている理由です。

  • ガラパゴスケータイ
    国際基準とは別に独自に進化した日本の携帯電話のこと。
    略してガラケーとも呼ぶ。日本では携帯電話のユーザーのニーズの応じて、音楽や高機能なカメラ、さまざまな絵文字、赤外線通信、ワンセグなどさまざまな機能が付与されており、国際的にはみられない機能が満載されている。

これが全世界共通規格のグローバルインターネットにガラケーが対応していない理由ですが、ガラケー回線が現金化できないわけではありません。

唯一のガラケー回線の現金化は、換金ナウの独自買取方式でしか成り立ちませんので、他社ではおそらく不可能だと思います。

それが「なぜ、ガラケー回線の現金化が存在しないのか?」の答えです。

一般的に買取されているプリペイドカードをガラケー回線では購入することができないので、現金化することができないのです。

換金ナウの独自買取方式は、その時代、社会情勢によって買取できる指定商品が変わります。

今まで購入できていた商品が購入先サイトの都合(例えば、サイトの更新、セキュリティの更新)によって、購入できなくなってしまっていますので、どういう商品を購入すれば現金化できるのかはこちらの記事では割愛させていただきます。

ガラケー回線を現金化したい方はお手数ですが、換金ナウのお申し込みページから各ガラケー回線プランを選択していただき、まずはお申し込みをしてください。

お申し込み後に、その社会情勢、時代のニーズに適した最適な指定商品を購入いただけるように案内いたします。

それでは、ガラケー回線を現金化するための方法をまとめていきたいと思います。

まとめ

現金化するために必要なもの

  • WIFI(無線LAN)環境に接続可能なスマートフォン機種
  • WIFI(無線LAN)環境に接続可能なタブレット機種
  • WIFI(無線LAN)環境に接続可能なパソコン

スマートフォンとタブレット機種は、セキュリティの観点からあまり古すぎる機種をご利用ですと、購入先サイトで利用することができないことがあります。

これはインストールするアプリでも同様です。

iPhoneでしたら、問題はありません。

iPhone以外のスマートフォン(スマホ)をご利用の場合、基本ソフトのバージョン次第では利用できないことがありますのでご注意ください。

現在確認できている利用できない基本ソフトのバージョンは、Android(アンドロイド)4.0~6.0まで機種です。

基本ソフトのバージョンを確認するには

  • 「設定」→「端末情報」→「Androidバージョン」

を確認してください。

Androidバージョンが4.0~6.0未満になっているとガラケー回線の現金化ができないスマホとタブレットです。

現金化できる対象のガラケー回線

  • auかんたん決済が使えるガラケー回線
  • ソフトバンクまとめて支払いが使えるガラケー回線
  • d払いが使えるガラケー回線

必ず、現在ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかとご契約中のガラケー回線をご用意ください。

携帯のキャリア決済が利用できないと、ガラケー回線の現金化ができませんので。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ