信用情報にキズがついてしまうとどうなるの?

キャリア決済の現金化では、信用情報にキズがつくことがありません。

それは、何度か様々な記事にて紹介していますね。それでは、信用情報とは一体何を指し、信用情報にキズがつくことの意味が何を指すのかを詳しく紐解いていきたいと思います。

信用情報とは?

平たくいうと、一個人に対する金銭の貸し借りの信頼性です。

例えば、あなたは99.99%お金が返ってこないことが過去の実績から分かっている人に対して100万円を貸すことができますか?

できませんよね?ほぼ絶対に返ってこないことが分かっている相手にお金を貸すような酔狂な人がいるとしたら、生みの親である親くらいではないでしょうか。

つまり、信用情報とは

「一個人に対してお金を貸せるか、貸せないかを判断するための基準」

です。

信用情報にキズがつくことの意味

先ほど挙げたとおり、信用情報とは

「一個人に対してお金を貸せるか、貸せないかを判断するための基準」

と言いましたね。

例えば、あなたが知人に頼まれ、1か月後に全額一括払いという約束をして、お金を貸したとします。

期限の一ヵ月後になってもお金が返済されません。その時、あなたは相手に対して返済の催促をしますよね?

その時、相手が

「今、お金がない」

「お金ができたら返す」

と言うばかりで、一向に返済されなかったときにあなたはどう思いますか?

もう二度と貸さないと思いませんか?

貴方がそう思ったように、それが社会的に行われるのが信用情報にキズがつくという意味です。

つまり、信用情報にキズがつくと

「クレジットカードが作れない」

「分割払いができない」

「車のローンの審査が通らない」

「住宅ローンの審査が認められない」

「スマホの機種代の分割払いができない(契約できない)」

といったことが起きるので、社会的に非常に不利な立場になります。

クレジットカードが作れないとインターネットショッピングは不便ですね。

これは、その人個人に対する信用力がない、つまりお金を貸すべき人間ではないと日本社会に周知されてしまっているので、どうしようもありません。

一度、亡くした信用を取り戻すのは大変です。信用を無くさないように心がけましょう。

日本では、信用を無くすことを

「信用情報にキズがつく」

と表現します。信用情報にキズがついている人は社会的にお金の貸し借りができない人間であるという烙印が押された人ということです。

まとめ

信用情報にキズがついてしますと、社会的にお金の貸し借りができなくなります。

そうなると、現金決済以外では誰も相手にしてくれなくなり、とても不便な生活を送ることになってしまいます。

ですから、信用を亡くしてしまう行為は絶対にしないようにしましょう。

亡くしてしまった信用を取り戻すには、長い時間と堅実な実績が必要になります。

既に信用を亡くしてしまったら、信用を取り戻せるように実績を積み上げていくしかないですから。

ちなみに、信用があるとお金が全くない状況でもお金を作り出すことができます。

信用は亡くさないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ